黄色のカプセルと瓶
困っている男性と黄色のカプセル
診断を受けている男性
薬を飲んでいる男性

性感染症に悩まされるのは若い人ばかりとは限りませんが、近年特に若年層での増加傾向が問題視されるようになり、クラミジアやヘルペスウィルス等とともに、HIV感染者も増えているのが現状です。これらの性感染症のほとんどで自覚症状が少なく、無自覚のうちにパートナーや配偶者に感染してしまうことも珍しくはありません。日本国内でもおよそ100万人が感染していると推計されているクラミジア感染症は、男性だと半分・女性なら5人に1人程度しか症状が表に出てこず、感染者が次々と増えてしまう要因になっています。

性に対する世の中の考え方も感染の広がりを加速させており、思春期の若者の中にも多様な性関係が見られるようになりました。高校生での性行経験率は増加傾向にあり、その割に十分な性教育が行われているとは言えない状況で、若年層の多くはネットなどに蔓延する誤った情報に流されているのが現実です。

性感染症のほとんどは粘膜接触により感染しますから、性行時に避妊以外に感染症予防のためにも始めからコンドームを使用する必要があり、一回の性行でも、どんなタイプの性行為にでもコンドームは必須です。クラミジア感染症なども初期には症状が出にくく、気づかない特徴がありますが、放置すれば早産や流産・不妊、あるいは新生児感染の原因になることも少なくありません。おりものが増加したり、排尿時に痛みがあるなど、少しでも異常を感じたら早めに医師に相談する周到さ・慎重さが必要です。

初めて性行をする年齢は徐々に低年齢化し、高校を卒業するときに経験をしている割合は現在4割を超えていますが、若年層の知識はそれに伴って整ってきているとは言い難い現実があります。産婦人科などで受診を受けるのは妊娠を目指す人や妊婦だけではなく、10代から20代前半の学生世代の人たちが性感染症や望まない妊娠に悩んで訪れるのも現代の特徴です。

若い女性たちの中には、妊娠の心配はできても自分の生理周期や排卵を知らない人も多く、性感染症の予防については無防備と言えるタイプも多く含まれます。近年では、性風俗でアルバイトをする学生や、掛け持ちで仕事をしている人も増えてきましたが、特に高い意識を持たなければならない彼女たちでも、知識が十分とは言えません。オーラルセックスなどの挿入を伴わない性行為でも、感染症はうつるという事実を知らないことがあまりにも多いです。性感染症によって肉体も精神も傷ついてしまうのは多くの場合女性ですが、傷つく前に知識を身に付ける積極的な意識がなければ、自らの身を守ることはできません。

記事一覧
性病トリコモナスとはどのような病気?原因や症状について解説します 2020年05月25日

トリコモナス症は、膣トリコモナスという病原菌によって膣や尿道に起こる性感染症のことで、敏感になったり分泌液が出たりする症状が特徴的です。女性は生臭く、泡状のおり...

梅毒は放置しておいたら絶対ダメ!神経梅毒まで症状が進行してしまうことも 2020年04月29日

梅毒にはペニシリンやノバモックスなどの治療薬が存在するとは言え、決して油断のできる性感染症ではありません。初期の主な症状としては、感染部位の陰部や口の中の海洋で...

梅毒に使われる治療薬にはどのようなものがある?果たしてその効果とは? 2020年04月03日

いろいろな臓器に腫瘍ができ壊死してしまったり、脳や神経に菌が侵入し痴呆や神経障害をひき起こし死に至る病として恐れられてきた梅毒ですが、1929年に抗生物質のペニ...

梅毒を引き起こす原因は何?どんな症状が出たら疑った方が良いのか? 2020年03月07日

性感染症の種類には実にたくさんのものが存在していますが、日本人にも古くからなじみがありかつ、症状が進むとひどい状況に陥る感染症の1つとして、梅毒が挙げられます。...

クラミジアは自宅でチェックできる?検査キットの正しい使い方とは 2020年03月03日

クラミジアは性感染症としては一般的で、誰しもかかる可能性のある病気とは言えますが、いざ自分にその疑いがかかったとなると恥ずかしさなどがあり、なかなか病院にかかる...

クラミジアで使われる治療薬には何がある?どのような効果を発揮するのか解説 2020年03月01日

クラミジア感染症の治療で最も推奨度が高い薬とされているのが、マクロライド系の抗生物質・アジスロマイシン、ジスロマックです。既存の治療薬の中でも最も持続性が高く、...

性病クラミジアを発症する原因とは?典型的な症状にはどのようなものがある? 2020年02月28日

クラミジア感染症は、クラミジアトラコマチスという細菌が人間に寄生し、繁殖することが原因で起こる感染症の1種です。あまり強い菌ではなく、人の体から出てきてしまうと...