• ホーム
  • 性病トリコモナスとはどのような病気?原因や症状について解説します

性病トリコモナスとはどのような病気?原因や症状について解説します

トリコモナス症は、膣トリコモナスという病原菌によって膣や尿道に起こる性感染症のことで、敏感になったり分泌液が出たりする症状が特徴的です。女性は生臭く、泡状のおりものがたくさん分泌されることがあり、陰部が過敏になって痛みが生じることもありますが、男性の場合は症状が出にくくわかりにくい特徴がある中、陰茎から泡状の分泌液が出て、排尿時に軽度の痛み不快感が伴うこともあります。

この感染症の特定には分泌液のサンプルを顕微鏡で調べる方法が用いられ、女性の場合は単回の抗菌薬の投与でほとんど治癒させることが可能ですが、男性は抗菌薬を5日から7日間服用しなければなりません。膣トリコモナスは、男性と女性の尿路の性感染症の原因として割とポピュラーな存在ですが、症状が現れやすいのは女性の方です。生殖可能年齢にある女性の実に約20パーセントが膣のトリコモナス症を発症するとも言われており、日本人もその例外ではありません。

トリコモナス症の患者はその病気だけにとどまらず、淋菌感染症など他の性感染症にかかっていることがよくあります。女性は通常、初期に膣から黄緑色の泡立ったような生臭いおりものが出ますが、分泌物の量は多くないことが通常です。陰部は過敏になって痛みを伴うことも多く、性交時には特に痛いと感じる女性がたくさん見られ、その時に感染に気付く人もいます。重症化すると陰部やその周辺の皮膚が炎症を起こしてしまい、膣の入り口周辺の組織に腫れが見られるようになるほか、膀胱感染症のように排尿時に痛みが生じ、頻尿になることも少なくありません。尿路の症状と膣の症状は、それぞれ単独で起こることもあれば、2カ所の痛みや不快感に同時に苦しめられることもあります。

尿道のトリコモナス症を患った男性は大半に症状がなく、あっても軽いものがほとんどなのですが、それでもパートナーに感染する可能性は捨てきれません。陰茎から泡のような分泌液が出るほか、排尿をするときに痛みがあって頻尿になる男性も存在しています。

女性の場合はおりものを顕微鏡で調べて病原体を確認することで通常はすぐに診断が可能ですが、男性からトリコモナスを検出するのは、女性と比較してかなり困難と言えます。結果がはっきり得られないときは、サンプルを数日間培養することで診断ができ、男性の場合は陰茎の先から出る分泌物を朝1番の尿から採取し、顕微鏡で調べて検査室で培養するという方法です。トリコモナス症にかかると、淋菌感染症やクラミジア感染症にかかっていることも多く、通常は他の性感染症の検査も同時に行われます。