• ホーム
  • 梅毒に使われる治療薬にはどのようなものがある?果たしてその効果とは?

梅毒に使われる治療薬にはどのようなものがある?果たしてその効果とは?

いろいろな臓器に腫瘍ができ壊死してしまったり、脳や神経に菌が侵入し痴呆や神経障害をひき起こし死に至る病として恐れられてきた梅毒ですが、1929年に抗生物質のペニシリンが発見されて治療方法が確立してからは、治る病へ変化しました。もし感染してしまったときにはどのように治療をすれば良いのか、治療薬などを挙げて考察していきます。

まず梅毒に感染しているかどうかを確認する検査方法には、直接確認する方法と、血液を採取して血清反応から判断する二通りが存在しています。梅毒にかかる可能性のある性行為などそれに類する行為をしてしまったあと、検査で陽性と診断されれば、ペニシリン服用による治療が開始されるのが通常です。使用する抗生物質は、経口合成ペニシリンを1日に500ミリグラム、これを三度服用することが定められています。中にはペニシリンを使って治療することができない患者も存在し、例えばペニシリンアレルギーを持つ人などには他の治療薬として塩酸ミノサイクリン、妊婦の女性にはアセチルスピラマイシンなどを使うのがセオリーです。

抗生物質の服用を開始したら、ジャーリッシュ・ヘルクスマイヤー現象と呼ばれる反応を起こす患者もおり、39度前後の発熱や全身倦怠感のほか、悪寒・頭痛・筋肉痛・発疹の一時的な増加などが挙げられますが、これらは抗生物質の副作用ではなく、体内に侵入している細菌の破壊によって引き起こされる現象です。このジャーリッシュ・ヘルクスマイヤー現象は、第2期の患者が治療を開始した場合は約50パーセントの確率で起こると言われています。

梅毒の治療に使われるノバモックスはペニシリン系の抗生物質で、細菌感染症の治療で処方されることでも知られており、主成分はアモキシシリンで先発医薬品としてサワシリンが存在します。アモキシシリンは様々な細菌感染症の治療で効果を発揮し、20世紀の中でも偉大な発見の1つとされるほどのペニシリン系統の薬です。感染者が増加傾向にある梅毒に対して一番最適とされるのがアモキシシリンで、ノバモックスに代表される主成分の薬は世界中で使用されています。

ノバモックスのようなペニシリン系の薬は、最近の細胞壁に作用して細胞を殺すことで効果を発揮するのが特徴で、細菌の細胞壁を作れなくさせることで、細胞の増殖を抑制します。梅毒の原因菌の細胞壁が徐々に薄くなっていくことで最終的に決壊し、中の細胞が死滅していくメカニズムです。これらの治療薬は個人輸入や通販で手に入れられるものも多く、自宅にいながら簡単に購入をすることができます。賢く利用すれば、誰にも知られることなく、かつリーズナブルに入手が可能です。